予告篇ZEN映画祭について


映画とアートの最”ZEN”線を体感できる総合芸術映画祭。魅力的な映画予告篇の紹介を切り口に、多様な映画の存在に出逢える場を創ろうと、2008年にスタート。映画文化の草の根振興を目指している。実行委員会は、NPO法人湘南遊映坐。

会場は、鎌倉五山の禅寺「円覚寺」「浄智寺」と、江の島「湘南港ヨットハウス」の合計三会場。湘南鎌倉の名勝を楽しみながら、映画とアートに親しめる”ミニシアター”を創造している。

メインの予告篇コンペティション部門では、映画予告篇ナンバー1を決定する。その年公開された国内外の映画予告篇数百本の中から、30本程度を選考し招待。観客投票により、予告篇グランプリと入賞作品、佐々木徹雄賞(審査員特別賞:予告篇を通して映画文化へ特に優れた貢献をした作品・個人・団体)を決める。入賞作品の中から、翌年度以降、本編の上映も行う。
他にも、前年度グランプリ(入賞作品)の本編招待上映や、トーク・ライブイベント、ワークショップなど、関連イベントを多数企画している。

2012年度からは、越後門出和紙の小林康生さんと鎌倉寅堂の竹職人・山田修一さん、山田裕也さんのご協力で、和紙と竹でできたスクリーンを新たに制作して上映。2011年の東日本大震災以降は、被災地(宮城県南三陸町、登米市、福島県南相馬市、いわき市)にて出張映画祭も開催している。
2013年度、実行委員会をNPO法人化。映画を中心に、多様なアートに親しめる芸術文化振興団体として、再出発した。新生遊映坐の旗揚げイベントとして、小津安二郎監督生誕110年&没後50年の記念イベントを開催。円覚寺・選仏場に期間限定の映画館「みんなのOZUシアター」を開館するなどした。
2014年度は、小津映画常連の名優・笠智衆生誕110年を記念したイベントを開催した。
2015年度は、建築家・隈研吾設計のモバイル竹シアター「ぎんざ遊映坐」を会場にてお披露目した。



「予告篇大賞&チラシ大賞」コンペティション結果(観客投票)

第9回予告篇大賞(2016年度)
グランプリ 「もしも建物が話せたら」

準グランプリ  「菊とギロチン」

3位  「この世界の片隅に」
4位  「LISTEN リッスン」
5位  「彷徨える河」
6位  「ダンスの時間」
7位  「ノーマ、世界を変える料理」
8位  「ねぼけ」(特報)
8位  「カレーライスを一から作る」

佐々木徹雄賞(審査員特別賞)
「LISTEN リッスン」

「佐々木徹雄賞」:予告篇を通して映画文化の振興に貢献のあった予告篇や団体、個人等へ贈る賞。佐々木氏は、戦後の映画黄金期、数々の名作予告篇を作った「3分間の詐欺師」こと、伝説の予告篇職人。

第2回映画チラシ大賞(2016年度)
グランプリ  「健さん」

準グランプリ  「ヒッチコック / トリュフォー」

3位 「牡蠣工場」
4位 「神様たちの街」
4位 「この世界の片隅に」
6位 「菊とギロチン」
6位 「ホース・マネー」
6位 「ふきげんな過去」

第8回予告篇大賞(2015年度)
グランプリ 「正しく生きる」(特報)

準グランプリ  「ブラフマン」

同点3位  「シネマの天使」
同点3位  「ソレダケ/ that’ it」
同点5位  「ハント・ザ・ワールド」
同点5位  「みんなの学校」
同点5位  「追憶と, 踊りながら」
同点5位  「パプーシャの黒い瞳」

佐々木徹雄賞(審査員特別賞)
「ブラフマン」箭内道彦監督

第1回映画チラシ大賞(2015年度)  新設
グランプリ  「正しく生きる」

準グランプリ  「ブラフマン」

3位  「過ぐる日のやまねこ」
4位  「僕たちの家に帰ろう」
5位  「シネマの天使」
同点6位  「Dressing Up」
同点6位  「ムヴィオラ15周年特別上映 はしっこでも世界。」


第7回予告篇大賞(2014年度)
グランプリ 「0.5ミリ」

佐々木徹雄賞(審査員特別賞)
該当なし


第6回予告篇大賞(2013年度)
グランプリ 「かぐや姫の物語」(劇場版特報)

準グランプリ  「世界一美しい本を作る男 -シュタイデルとの旅- 」

3位  「ペコロスの母に会いに行く」
4位  「三姉妹〜雲南の子」
5位  「二郎は鮨の夢を見る」
6位  「東京に来たばかり」
7位  「犬と猫と人間と2 動物たちの大震災」
8位  「彌勒 MIROKU」

佐々木徹雄賞(審査員特別賞)
板垣恵一氏

小津安二郎監督 生誕110年没後50年記念イベント
小津映画予告篇グランプリ「秋刀魚の味」

準グランプリ  「東京物語」(本予告)

3位  「東京物語」(特報)
4位  「秋日和」
5位  「麥秋」
6位  「お早よう」
7位  「彼岸花」






第5回予告篇大賞(2012年度)
グランプリ 「ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎90歳」

準グランプリ  「ベイビーズ -いのちのちから-」

3位  「ル・コルビュジエの家」
4位  「鬼に訊け 宮大工 西岡常一の遺言」
5位  「ドキュメンタリー映画 100万回生きたねこ」
6位  「月世界旅行&メリエスの素晴らしき映画魔術」

佐々木徹雄賞(審査員特別賞)
秦岳志氏






第4回予告篇大賞(2011年度)
グランプリ 「天のしずく」

準グランプリ(同点3作品) 「エンディング・ノート」
準グランプリ  「人生、ここにあり」
準グランプリ  「浅草のブレヒト」

5位  「サウダーヂ」
同点6位  「ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」
同点6位  「鈴木清順"浪漫三部作”リバイバル公開」

佐々木徹雄賞(審査員特別賞)
「鈴木清順"浪漫三部作”リバイバル公開」






第3回予告篇大賞(2010年度)
グランプリ 「アブラクサスの祭」

準グランプリ  「100歳の少年と12通の手紙」

3位  「ベンダ・ビリリ! 〜もう一つのキンシャサの奇跡」
4位  「シチリア!シチリア!」
5位  「ゴダール・ソシアリスム」

佐々木徹雄賞(審査員特別賞)
空族

「サウダーヂ」「バビロン2ーOZAWAー」(仮題)「国道20号線」の予告篇三部作において、予告篇の新たな可能性を切り開いた功績に対して。映画と観客の架け橋である予告篇。あくまで裏方であった存在を、一つの映画作品レベルにまで昇華させた。本編の魅力を伝える予告篇の役割を果たしながらも、大胆に独立した一作品を創造することに成功している。予告篇の新たな可能性を切り開き続ける功績に対して贈る。




第2回予告篇大賞(2009年度)
グランプリ 「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」

準グランプリ 「扉をたたく人」

3位      「空気人形」
4位      「牛の鈴音」
同点5位  「こまどり姉妹がやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!」
同点5位  「SOUL RED 松田優作」
同点5位  「リミッツ・オブ・コントロール」






第1回予告篇大賞(2008年度)
グランプリ 「おくりびと」

準グランプリ(同票2作品)  「バックドロップ・クルディスタン」
準グランプリ 「トウキョウソナタ」

同点4位  「山桜」
同点4位  「国道20号線」
同点4位  「精神」
同点4位  「おいしいコーヒーの真実」  

予告篇ZEN映画祭  LinkIconお問い合わせ