<SCHEDULE> 
第十三回予告篇ZEN映画祭

2020年12月12日(土)〜2021年3月11日(木)

(土日祝日中心の開催) 
 

北鎌倉・浄智寺境内

モバイル竹シアター「HANARE」「SUDARE」にて

 

  
※北鎌倉に竹の野外ミニシアターが期間限定オープン
※グリーンリカバリーに配慮した映画祭です。モバイル竹シアター「HANARE」は太陽光発電により上映します
※雨天・積雪時は休館する場合があります。詳細は以下のスケジュールをご確認の上、ご来場ください
※新型コロナウイルス感染対策のため、観客制限(5名以下)、手指消毒、体温測定、換気などにご協力ください
 

<スケジュール>

2021年  
3月11日(木)      終了

SUDARE会場

10:00〜13:30
❶ 東日本大震災10年特集上映(短篇ループ上映)
『気仙大工(特報)』『ありがとう』『建築家・隈研吾ドキュメンタリー映画(特報)』
 
チケット
 
15:00〜16:30
❷ 2020年度「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」結果発表&講評(LIVE配信)   
 
視聴リンク
 
17:00〜18:00
❸ 東京2020大会セーリング江の島開催を盛り上げる会(LIVE配信)   
概要:
東京2020大会のセーリング競技会場である湘南江の島。オリンピックに向けて準備や交流を進めてきた市民ボランティアと国内外のセーリング選手らの歩みを記録した短篇映像を公開します。
コロナ禍で厳しい状況が続いている中、再び東京2020大会セーリング競技江の島開催へ向けて、映像を見ながら気運を盛り上げるイベントです。
五輪開催の意義は本大会のみならず、市民参加のプロセスそのものでもあります。準備期間に既に東京2020大会が残してくれたレガシーを映像遺産として上映。皆でオリンピック・パラリンピックの価値と意義を問い直します。
 
視聴リンク
 

HANARE会場

10:00〜16:30
❶ 『TOKYO2020 SAILING ENOSHIMA』予告篇上映(合計6本/ループ上映/約15分/観賞無料)
東京2020大会のセーリング競技会場は湘南江の島。開催都市の藤沢市とNPO法人湘南遊映坐は過去数年間、地元市民やボランティア、セーリング関係者が交流を深め、精力的に開催準備に取り組む様子を映像に記録し続けてきました。コロナ禍で厳しい状況が続きますが、貴重な市民活動の記録を凝縮した「予告篇」映像を公開することで、オリンピック・パラリンピックの魅力と価値をあらためて問い直します。
予告篇の種類:「江の島篇」「市民応援団篇」「国際交流篇」「日の丸セーラーズ篇」「セーリング篇」「市民参加篇」など
 
<関連企画>
17:00〜18:00 解説トークイベント<LIVE配信>
 
視聴リンク


 <過去のスケジュール>

2020年
12月12日(土)    終了

SUDARE会場

<みんなの小津会>

14:00〜15:23
❶ 小津映画上映『一人息子』(小津安二郎監督/1936年/1時間23分)
15:45〜17:00
❷ 映画交流会「一期一映」
 ・トークゲスト:小津亜紀子(小津安二郎監督の姪) 

12月13日(日)     終了

SUDARE会場

10:00〜12:00
❶コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
 ノミネート作品のループ上映&展示(観客投票)
12:30〜14:00
❷ 小津映画上映『父ありき』(小津安二郎監督/1942年/1時間27分)
14:30〜16:30
❸コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
 ノミネート作品のループ上映&展示(観客投票)

12月19日(土)     終了

HANARE会場

10:00〜16:30
❶コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
 ノミネート作品のループ上映&展示(観客投票)

SUDARE会場

10:00〜14:45
❶コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
 ノミネート作品のループ上映&展示(観客投票)
15:00〜16:11
❷ 小津映画上映『長屋紳士録』(小津安二郎監督/1947年/1時間11分)

12月20日(日)     終了

HANARE会場

10:00〜16:30
❶コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
 ノミネート作品のループ上映&展示(観客投票)

SUDARE会場

10:00〜13:30
❶コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
 ノミネート作品のループ上映&展示(観客投票)
14:00〜15:53
❷森﨑東監督追悼上映
 映画『ペコロスの母に会いに行く』(森﨑東監督/2013年/1時間53分)

12月26日(土)     終了

HANARE会場

10:00〜16:30
❶コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
 ノミネート作品のループ上映&展示(観客投票)

SUDARE会場

10:00〜11:53
❶ 森﨑東監督追悼上映
  映画『ペコロスの母に会いに行く』(森﨑東監督/2013年/1時間53分)
12:30〜13:30
❷ コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
   ノミネート作品のループ上映&展示(観客投票)
14:00〜15:53
❸ 森﨑東監督追悼上映
  映画『ペコロスの母に会いに行く』(森﨑東監督/2013年/1時間53分)

12月27日(日)     終了

HANARE会場

10:00〜16:30
❶コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
    ノミネート作品のループ上映&展示(観客投票)

SUDARE会場

10:00〜11:53
❶ 森﨑東監督追悼上映
  映画『ペコロスの母に会いに行く』(森﨑東監督/2013年/1時間53分)
12:30〜13:30
❷ コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
   ノミネート作品のループ上映&展示(観客投票)
14:00〜15:53
❸ 森﨑東監督追悼上映
  映画『ペコロスの母に会いに行く』(森﨑東監督/2013年/1時間53分)

2021年1月2日(土)     終了

HANARE会場

10:00〜16:30
❶コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
    ノミネート作品のループ上映&展示(観客投票)

SUDARE会場

12:00〜13:11
❶ 小津映画上映『長屋紳士録』(小津安二郎監督/1947年/1時間11分)
13:30〜14:30
❷ コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
   ノミネート作品のループ上映&展示(観客投票)
15:00〜16:11
❸ 小津映画上映『長屋紳士録』(小津安二郎監督/1947年/1時間11分)

2021年1月3日(日)     終了

HANARE会場

10:00〜16:30
❶コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
    ノミネート作品のループ上映&展示(観客投票)

SUDARE会場

10:00〜14:15
❶ コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
   ノミネート作品のループ上映&展示(観客投票)
14:30〜16:05
❷映画上映『道草』(宍戸大裕監督/2019年/1時間35分)
 ※2019年度「映画チラシ大賞」の本編

2021年1月9日(土)     終了

HANARE会場

10:00〜16:30
❶ コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
    ノミネート作品のループ上映&展示(観客投票)

SUDARE会場

10:00〜16:30
❶ コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
    ノミネート作品のループ上映&展示(観客投票)

2021年1月10日(日)     終了

HANARE会場

10:00〜16:30
❶ コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
    ノミネート作品のループ上映&展示(観客投票)

SUDARE会場

10:00〜11:45
❶ コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
    ノミネート作品のループ上映&展示(観客投票)
12:00〜13:27
❷ 小津映画上映『父ありき』(小津安二郎監督/1942年/1時間27分) 
14:00〜16:30
❸ コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
    ノミネート作品のループ上映&展示(観客投票)

2021年1月16日(土)     終了

HANARE会場

10:00〜16:30
❶コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
    ノミネート作品のループ上映&展示(観客投票)

SUDARE会場

10:00〜12:30
❶コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
    ノミネート作品のループ上映&展示(観客投票)
13:00〜14:11
❷ 小津映画上映『長屋紳士録』(小津安二郎監督/1947年/1時間11分) 
14:30〜16:05
❸ 映画上映『道草』(宍戸大裕監督/2019年/1時間35分)
 ※2019年度「映画チラシ大賞」の本編

1月17日(日)     終了

HANARE会場

10:00〜16:30
❶コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
    ノミネート作品のループ上映&展示(観客投票)

SUDARE会場

10:00〜12:30
❶コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
    ノミネート作品のループ上映&展示(観客投票)
13:00〜14:23
❷ 小津映画上映『一人息子』(小津安二郎監督/1936年/1時間23分)
14:45〜16:20
❸ 映画上映『道草』(宍戸大裕監督/2019年/1時間35分)
 ※2019年度「映画チラシ大賞」の本編

1月23日(土)     終了

HANARE会場

10:00〜10:50
❶コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
    ノミネート作品のループ上映&展示(観客投票)
11:00〜12:27
❷ 小津映画上映『父ありき』(小津安二郎監督/1942年/1時間27分)
13:00〜14:53
❸ 森﨑東監督追悼上映『ペコロスの母に会いに行く』(森﨑東監督/2013年/1時間53分)

SUDARE会場

雨天のため休館

1月24日(日)

HANARE会場

 雨天のため休館

SUDARE会場

雨天のため休館

1月30日(土)      終了

HANARE会場

10:00〜16:30
❶コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」

SUDARE会場

11:00〜12:27
❶ 小津映画上映『父ありき』(小津安二郎監督/1942年/1時間27分)
13:00〜14:03
❷ 森﨑東監督追悼上映『ペコロスの母に会いに行く』(森﨑東監督/2013年/1時間53分)

1月31日(日)      終了

HANARE会場

10:00〜16:30
❶コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」

SUDARE会場

11:00〜12:27
❶ 小津映画上映『父ありき』(小津安二郎監督/1942年/1時間27分)
信州・上田で教師をしている父と息子の心温まる絆の物語。寡黙で実直な息子は父を慕い一緒に暮らすことを願い続けるが、父は子どもの成長を願い自立を促す…。修学旅行で生徒たちが戦前の鎌倉や箱根を訪れる貴重な風景も。教え子と教師の古き良き師弟関係も描かれる。笠智衆、佐野周二ら出演。 
13:00〜14:03
❷ 映画上映『典座』(富田克也監督/2019年/1時間3分)
14:30〜16:05
❸ 映画上映『道草』(宍戸大裕監督/2019年/1時間35分)

2月6日(土)      終了

HANARE会場

10:00〜16:30
❶コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
    ノミネート作品のループ上映&展示(観客投票)

SUDARE会場

11:00〜12:11
❶小津映画上映『長屋紳士録』(小津安二郎監督/1947年/1時間11分)
13:00〜14:03
❷ 映画上映『典座』(富田克也監督/2019年/1時間3分)
14:30〜16:05
❸ 映画上映『道草』(宍戸大裕監督/2019年/1時間35分)

2月7日(日)      終了

HANARE会場

10:00〜16:30
❶コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
    ノミネート作品のループ上映&展示(観客投票)
 ミニシアター系のインディペンデント映画を中心に、国内外の予告篇約500本を選考。最終選考に残った18本を繰り返し上映します。観客投票によりグランプリを決定。入賞作品を中心に映画本編を上映する予定です。

SUDARE会場

11:00〜12:23
❶小津映画上映『一人息子』(小津安二郎監督/1936年/1時間23分)
13:00〜14:03
❷ 映画上映『典座』(富田克也監督/2019年/1時間3分)
  2019年度「予告篇大賞」の本編。典座(てんぞ)とは禅宗寺院の食を司る料理番のお坊さんのこと。単なる禅寺の映画かと思ったら大間違い。ドラマとドキュメンタリーの垣根を越えて、東日本大震災と向き合い葛藤する若手僧侶の姿を、パンクな映像制作集団・空族の富田克也監督が縦横無尽に”料理”する。
14:30〜16:05
❸ 映画上映『道草』(宍戸大裕監督/2019年/1時間35分)
  2019年度「映画チラシ大賞」の本編。障害者の自立生活を追ったドキュメンタリー。自閉症と重度の知的障害を抱える人々と、その自立生活を支える介護者や家族の取り組みを温かな視点で淡々と捉える。あらためて障害とは何か、障害者と共生する家族、コミュニティ、社会のあり方を問いかける。映画のチラシの題字と絵は、出演している障害者の方の作。
 チケット 

2月11日(祝・木)      終了

SUDARE会場 

遊映坐オンラインミーティング(映画祭ミニ報告会)

13:00〜14:30(北鎌倉・浄智寺からのLIVE配信:無料)
・第十三回予告篇ZEN映画祭の見どころについて 
・モバイル竹シアター「SUDARE」「HANARE」のご紹介(制作プロセスなど)
・招待作品、今後のイベントのご紹介など
 参加申込  

HANARE会場

10:00〜16:30
❶コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
 ノミネート作品のループ上映&展示(観客投票)  

2月13日(土)      終了

HANARE会場

10:00〜16:30
❶コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
    ノミネート作品のループ上映&展示(観客投票)
 ミニシアター系のインディペンデント映画を中心に、国内外の予告篇約500本を選考。最終選考に残った18本を繰り返し上映します。観客投票によりグランプリを決定。入賞作品を中心に映画本編を上映する予定です。

SUDARE会場

11:00〜12:27
❶小津映画上映『父ありき』(小津安二郎監督/1942年/1時間27分)
 信州・上田で教師をしている父と息子の心温まる絆の物語。寡黙で実直な息子は父を慕い一緒に暮らすことを願い続けるが、父は子どもの成長を願い自立を促す…。修学旅行で生徒たちが戦前の鎌倉や箱根を訪れる貴重な風景も。教え子と教師の古き良き師弟関係も描かれる。笠智衆、佐野周二ら出演。 
12:45〜14:20
❷ 映画上映『道草』(宍戸大裕監督/2019年/1時間35分)
  2019年度「映画チラシ大賞」の本編。障害者の自立生活を追ったドキュメンタリー。自閉症と重度の知的障害を抱える人々と、その自立生活を支える介護者や家族の取り組みを温かな視点で淡々と捉える。あらためて障害とは何か、障害者と共生する家族、コミュニティ、社会のあり方を問いかける。映画のチラシの題字と絵は、出演している障害者の方の作。

2月21日(日)に奥山佳恵(俳優・タレント)のトークイベント開催予定。

14:30〜16:23
❷ 森﨑東監督追悼上映『ペコロスの母に会いに行く』(森﨑東監督/2013年/1時間53分)
 長崎を舞台に認知症のお母さんと息子の交流を描く。ほっこり心が温まる人情喜劇。岡野雄一の漫画が原作。

2月14日(日)      終了

HANARE会場

10:00〜16:30
❶コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
    ノミネート作品のループ上映&展示(観客投票)
 ミニシアター系のインディペンデント映画を中心に、国内外の予告篇約500本を選考。最終選考に残った18本を繰り返し上映します。観客投票によりグランプリを決定。入賞作品を中心に映画本編を上映する予定です。

SUDARE会場

11:00〜12:11
❶小津映画上映『長屋紳士録』(小津安二郎監督/1947年/1時間11分)
12:30〜14:05
❷ 映画上映『道草』(宍戸大裕監督/2019年/1時間35分)
  2019年度「映画チラシ大賞」の本編。障害者の自立生活を追ったドキュメンタリー。自閉症と重度の知的障害を抱える人々と、その自立生活を支える介護者や家族の取り組みを温かな視点で淡々と捉える。あらためて障害とは何か、障害者と共生する家族、コミュニティ、社会のあり方を問いかける。映画のチラシの題字と絵は、出演している障害者の方の作。
14:30〜16:23
❷ 森﨑東監督追悼上映『ペコロスの母に会いに行く』(森﨑東監督/2013年/1時間53分)
 長崎を舞台に認知症のお母さんと息子の交流を描く。ほっこり心が温まる人情喜劇。岡野雄一の漫画が原作。

2月20日(土)      終了

HANARE会場

10:00〜16:30
❶コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
    ノミネート作品の上映&展示(30分/ループ上映/観客投票)
 ミニシアター系のインディペンデント映画を中心に、国内外の予告篇約500本を選考。最終選考に残った魅力的な予告編18本を繰り返し上映します。観客投票によりグランプリを決定。入賞作品を中心に映画本編を上映する予定です。

SUDARE会場

10:30〜11:31
❶小津映画上映『長屋紳士録』(小津安二郎監督/1947年/1時間11分)
12:00〜13:35
❷ 映画上映『道草』(宍戸大裕監督/2019年/1時間35分)
  障害者の方々の自立生活を追ったドキュメンタリー映画。自閉症と重度の知的障害を抱える人々と、その自立生活を支える介護者や家族の取り組みを温かな視点で淡々と描く。あらためて障害とは何か、障害者と共生する家族、コミュニティ、社会のあり方を問いかける。映画のチラシの題字と絵は、出演している障害者の方の作。2019年度「映画チラシ大賞」の本編。
14:00〜15:03
❸ 映画上映『典座』(富田克也監督/2019年/1時間3分)
  2019年度「予告篇大賞」の本編。典座(てんぞ)とは禅宗寺院の食を司る料理番のお坊さんのこと。単なる禅寺の映画かと思ったら大間違い。ドラマとドキュメンタリーの垣根を越えて、東日本大震災と向き合い葛藤する若手僧侶の姿を、パンクな映像制作集団・空族の富田克也監督が縦横無尽に”料理”する。

2月21日(日)      終了

SUDARE会場

 13:30〜15:00
❶ 映画交流会「一期一映」 奥山佳恵オンライントーク
  〜共生社会、多様性ってなんだろう?〜
俳優の奥山佳恵さんのオンライントークイベントを開催します。障害を持つ息子さんとの経験談などを通して、共生社会や多様性、インクルージョン(包含)の意味をみんなで考えます。映画祭で上映中の障害者の方々の日常を描いたドキュメンタリー映画『道草』(宍戸大裕監督/2019年)の関連イベントとして企画しましたが、作品をご覧になっていない方も楽しめる内容となっています。
 チケット  

HANARE会場

10:00〜16:30
❶コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
    ノミネート作品の上映&展示(30分/ループ上映/観客投票)
 ミニシアター系のインディペンデント映画を中心に、国内外の予告篇約500本を選考。最終選考に残った魅力的な予告編18本を繰り返し上映します。観客投票によりグランプリを決定。入賞作品を中心に映画本編を上映する予定です。
 チケット  

2月22日(月)      終了

HANARE会場

10:00〜16:30
❶コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
    ノミネート作品の上映&展示(30分/ループ上映/観客投票)
 ミニシアター系のインディペンデント映画を中心に、国内外の予告篇約500本を選考。最終選考に残った魅力的な予告編18本を繰り返し上映します。観客投票によりグランプリを決定。入賞作品を中心に映画本編を上映する予定です。

SUDARE会場

12:30〜14:05 / 14:30〜16:05
❶❷ 映画上映『道草』(宍戸大裕監督/2019年/1時間35分)
  障害者の方々の自立生活を追ったドキュメンタリー映画。自閉症と重度の知的障害を抱える人々と、その自立生活を支える介護者や家族の取り組みを温かな視点で淡々と描く。あらためて障害とは何か、障害者と共生する家族、コミュニティ、社会のあり方を問いかける。映画のチラシの題字と絵は、出演している障害者の方の作。2019年度「映画チラシ大賞」の本編。
 チケット  

2月23日(祝・火)      終了

HANARE会場

10:00〜16:30
❶コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
    ノミネート作品の上映&展示(30分/ループ上映/観客投票)
 ミニシアター系のインディペンデント映画を中心に、国内外の予告篇約500本を選考。最終選考に残った魅力的な予告編18本を繰り返し上映します。観客投票によりグランプリを決定。入賞作品を中心に映画本編を上映する予定です。

SUDARE会場

10:30〜11:41
❶小津映画上映『長屋紳士録』(小津安二郎監督/1947年/1時間11分)
12:00〜13:27
❷ 小津映画上映『父ありき』(小津安二郎監督/1942年/1時間27分)
 信州・上田で教師をしている父と息子の心温まる絆の物語。寡黙で実直な息子は父を慕い一緒に暮らすことを願い続けるが、父は子どもの成長を願い自立を促す…。修学旅行で生徒たちが戦前の鎌倉や箱根を訪れる貴重な風景も。教え子と教師の古き良き師弟関係も描かれる。笠智衆、佐野周二ら出演。
14:00〜15:53
❸ 森﨑東監督追悼上映『ペコロスの母に会いに行く』(森﨑東監督/2013年/1時間53分)
 長崎を舞台に認知症のお母さんと息子の交流を描く。ほっこり心が温まる人情喜劇。岡野雄一の漫画が原作。

2月27日(土)      終了

SUDARE会場

13:30〜15:30
❶ 「建築家・隈研吾の映画をつくる会ー音楽篇ー」(オンラインLIVE配信)
ゲスト:藤本一馬(ギタリスト/orangepekoe)
建築家・隈研吾のドキュメンタリー映画(2010年〜制作中、岡博大監督)の音楽を担当する藤本一馬が、自らの作曲プロセスの一端をLIVE配信で公開する実験イベント。
建築×音楽×映像。隈建築の魅力、本質をいかに音楽で描き、映像世界へとつなぐことができるかー。
岡監督との対話を通じて、曲づくりに臨む風景、舞台裏をオンラインLIVE配信にて披露します。音楽が次第に輪郭を得ていく瞬間を目撃できるかどうかは当日の進ちょく次第。
チャレンジングな試みですが、お見逃しなく!
藤本一馬 ギタリスト/コンポーザー
1979年兵庫県生まれ。1998年、ヴォーカルのナガシモトモコとのデュオ「orangepekoe」を結成し、2002年に1stアルバム「Organic Plastic Music」をリリース。国内外で活動しつつ、2011年から並行してソロ活動でインストゥルメンタル音楽にも取り組む。ソロアルバムに『SUN DANCE』『FLOW』など。
 チケット

HANARE会場

10:00〜16:30
❶コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
    ノミネート作品の上映&展示(30分/ループ上映/観客投票)
 ミニシアター系のインディペンデント映画を中心に、国内外の予告篇約500本を選考。最終選考に残った魅力的な予告編18本を繰り返し上映します。観客投票によりグランプリを決定。入賞作品を中心に映画本編を上映する予定です。

2月28日(日)      終了

SUDARE会場

13:30〜15:30
❶ みんなの小津会(オンラインLIVE配信)
ゲスト:古川タク(アニメーション作家/イラストレーター/絵本作家)
素朴な線画が特徴のアニメーション作家・古川タク。その作風はどことなく小津作品とも相通じる側面がある。小津安二郎監督の映画『東京物語』(1953年)へのオマージュでもあるアニメーション作品『上京物語 TYO STORY』(1999年)も制作したことがある古川タクとともに、小津映画の魅力を探るオンラインLIVE配信イベント。
古川タク アニメーション作家/イラストレーター/絵本作家
 1941年三重県(現)伊賀市生まれ。1963年、久里洋二実験漫画工房入社。1969年「牛頭」 第7回アヌシー映画祭入賞。グループ「G9+1」で東京国際アニメフェアにてグランプリ。「スピード」で毎日映画コンクール大藤賞受賞。70年代から多種多様な肩書きを持ちながら、ふにゃふにゃ線画で人々の心を和ましている。日本アニメーション協会会長。新千歳空港国際アニメーション映画祭名誉委員長。予告篇ZEN映画祭にも俳優・笠智衆を描いたイラストを提供。
チケット

HANARE会場

10:00〜16:30
❶コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
    ノミネート作品の上映&展示(30分/ループ上映/観客投票)
 ミニシアター系のインディペンデント映画を中心に、国内外の予告篇約500本を選考。最終選考に残った魅力的な予告編18本を繰り返し上映します。観客投票によりグランプリを決定。入賞作品を中心に映画本編を上映する予定です。

3月1日(月)      終了

SUDARE会場

13:30〜14:41/15:00〜16:11
❶ ❷小津映画上映『長屋紳士録』(小津安二郎監督/1947年/1時間11分)

HANARE会場

10:00〜16:30
❶コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
    ノミネート作品の上映&展示(30分/ループ上映/観客投票)
 ミニシアター系のインディペンデント映画を中心に、国内外の予告篇約500本を選考。最終選考に残った魅力的な予告編18本を繰り返し上映します。観客投票によりグランプリを決定。入賞作品を中心に映画本編を上映する予定です。
チケット

3月6日(土)      終了

SUDARE会場

10:30〜12:00
❶ オンライン坐禅体験会
講師:朝比奈恵温(北鎌倉・浄智寺住職)
映画祭の地元北鎌倉の歴史と文化を体感するイベントとして、「オンライン坐禅体験会」を開催します。
講師は、鎌倉五山の浄智寺住職・朝比奈恵温さん。鎌倉の文化振興のキーパーソンで、鎌倉市教育委員でもあります。親しみやすく坐禅の基本と本質を手ほどきします。
東日本大震災10年の祈念も込めて開催します。コロナ禍で来場が難しい方も、ぜひこの機会にご参加ください!
チケット
13:15〜14:38
❷ 小津映画上映『一人息子』(小津安二郎監督/1936年/1時間23分) 
15:00〜16:27
❸ 小津映画上映『父ありき』(小津安二郎監督/1942年/1時間27分)
 信州・上田で教師をしている父と息子の心温まる絆の物語。寡黙で実直な息子は父を慕い一緒に暮らすことを願い続けるが、父は子どもの成長を願い自立を促す…。修学旅行で生徒たちが戦前の鎌倉や箱根を訪れる貴重な風景も。教え子と教師の古き良き師弟関係も描かれる。笠智衆、佐野周二ら出演。

HANARE会場

10:00〜16:30
❶コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
    ノミネート作品の上映&展示(30分/ループ上映/観客投票)
 ミニシアター系のインディペンデント映画を中心に、国内外の予告篇約500本を選考。最終選考に残った魅力的な予告編18本を繰り返し上映します。観客投票によりグランプリを決定。入賞作品を中心に映画本編を上映する予定です。
チケット

3月7日(日)      終了

SUDARE会場

15:30〜17:30
❶ 東日本大震災10年特別企画「復興の職人」シンポジウム〜子ども篇〜
東日本大震災の発生から10年。
これまでの復興の歩みと現状、課題、そして後世へ継承したい復興の智恵などを、子どもと復興をテーマに学びあうオンラインシンポジウムを開催します。
パネリストには、自身も被災しながらも、学生ボランティアらの受け入れなどに尽力し、コミュニティ再生に取り組んで来られた”復興の職人”をお招きします。
災害は他人事ではありません。熊本地震での取り組みも踏まえ、日本社会全体で共有し、次世代へ伝えたい「復興の智恵」をみんなで探ります。
パネリスト:
・菊田榮四郎(宮城県気仙沼市大島小学校元校長)
・大河内喜男(福島県いわき市災害公営住宅薄磯団地元自治会長・双葉東日本大震災原子力災害伝承館語り部/民生・児童委員)
・楢木真里(熊本県西原村立山西小学校教諭/南阿蘇村西小学校元教諭ほか)
・岡桃子(埼玉県立大学准教授/立教大学兼任講師)
視聴:無料
視聴リンク

HANARE会場

10:00〜16:30
❶コンペティション部門 「予告篇大賞」「映画チラシ大賞」
ノミネート作品の上映&展示(30分/ループ上映/観客投票)
ミニシアター系のインディペンデント映画を中心に、国内外の予告篇約500本を選考。最終選考に残った魅力的な予告編18本を繰り返し上映します。観客投票によりグランプリを決定。入賞作品を中心に映画本編を上映する予定です。

3月8日(月)      終了

HANARE会場

10:00〜16:30
❶ 『TOKYO2020 SAILING ENOSHIMA』予告篇上映(合計5本/ループ上映/約15分/観賞無料)
東京2020大会のセーリング競技会場は湘南江の島。開催都市の藤沢市とNPO法人湘南遊映坐は過去数年間、地元市民やボランティア、セーリング関係者が交流を深め、精力的に開催準備に取り組む様子を映像に記録し続けてきた。コロナ禍で厳しい状況が続くが、貴重な市民活動の記録を凝縮した「予告篇」映像を公開することで、オリンピック・パラリンピックの魅力と価値をあらためて問い直したい。
予告篇の種類:「江の島篇」「市民応援団篇」「国際交流篇」「セーリング篇」「市民参加篇」

SUDARE会場

雨天休館

3月9日(火)      終了

SUDARE会場

11:00〜12:23
❶ 小津映画上映『一人息子』(小津安二郎監督/1936年/1時間23分) 
13:00〜14:27
❷ 小津映画上映『父ありき』(小津安二郎監督/1942年/1時間27分)
 信州・上田で教師をしている父と息子の心温まる絆の物語。寡黙で実直な息子は父を慕い一緒に暮らすことを願い続けるが、父は子どもの成長を願い自立を促す…。修学旅行で生徒たちが戦前の鎌倉や箱根を訪れる貴重な風景も。教え子と教師の古き良き師弟関係も描かれる。笠智衆、佐野周二ら出演。
15:00〜16:11
❸ 小津映画上映『長屋紳士録』(小津安二郎監督/1947年/1時間11分)

HANARE会場

10:00〜16:30
❶ 『TOKYO2020 SAILING ENOSHIMA』予告篇上映(合計6本/ループ上映/約15分/観賞無料)
東京2020大会のセーリング競技会場は湘南江の島。開催都市の藤沢市とNPO法人湘南遊映坐は過去数年間、地元市民やボランティア、セーリング関係者が交流を深め、精力的に開催準備に取り組む様子を映像に記録し続けてきました。コロナ禍で厳しい状況が続きますが、貴重な市民活動の記録を凝縮した「予告篇」映像を公開することで、オリンピック・パラリンピックの魅力と価値をあらためて問い直します。
予告篇の種類:「江の島篇」「市民応援団篇」「国際交流篇」「日の丸セーラーズ篇」「セーリング篇」「市民参加篇」

3月10日(水)      終了

SUDARE会場

10:00〜15:30
❶ 東日本大震災10年特集上映(短篇ループ上映)
『気仙大工(特報)』『ありがとう』『建築家・隈研吾ドキュメンタリー映画(特報)』
15:30〜16:30
❷ 東日本大震災10年特集上映&トークLIVE配信(無料)
  解説:NPO法人湘南遊映坐・岡博大
視聴リンク

HANARE会場

10:00〜16:30
❶ 『TOKYO2020 SAILING ENOSHIMA』予告篇上映(合計6本/ループ上映/約15分/観賞無料)
東京2020大会のセーリング競技会場は湘南江の島。開催都市の藤沢市とNPO法人湘南遊映坐は過去数年間、地元市民やボランティア、セーリング関係者が交流を深め、精力的に開催準備に取り組む様子を映像に記録し続けてきました。コロナ禍で厳しい状況が続きますが、貴重な市民活動の記録を凝縮した「予告篇」映像を公開することで、オリンピック・パラリンピックの魅力と価値をあらためて問い直します。
予告篇の種類:「江の島篇」「市民応援団篇」「国際交流篇」「日の丸セーラーズ篇」「セーリング篇」「市民参加篇」
チケット


主催:NPO法人湘南遊映坐

助成:芸術文化振興基金/神奈川県マグカル推進事業補助金/文化庁令和2年度文化芸術活動の継続支援事業/神奈川県文化芸術活動再開加速化事業補助金
後援:鎌倉市観光協会/藤沢市/藤沢市教育委員会/藤沢市観光協会
協力:浄智寺/隈研吾建築都市設計事務所/日本女子大学江尻憲泰研究室/LINENART/サムライ家具/松中造園/寅堂/松竹/東風ほか